ビットコインは日本国内でも話題となり急速な普及が予想される仮想通貨です。しかし、このビットコインは一体どこで購入や交換ができるのかということがよくわからないケースも多いですよね。そこで、この点についてまとめてみました。

ビットコインは取引所がすべての基盤

基本的にビットコインは多くの人に『お金』として認識されています。もっと突っ込むと世界中の人が世界中で使える一つの通貨といった認識を持っています。

つまりこれを日本から見た場合に置き換えると、ドルやユーロのような国際通貨という感覚に似ています。

ですが、ビットコインは仮想通貨なので厳密にはお金ではありません。ややこしいのですが、紙幣や硬貨が実在しないので各国が発行する通貨ではないわけです。

このために仮想通貨であるビットコインは、通貨交換時に利用する銀行が介在しないのです。

要するに銀行ではビットコインを取り扱っていないということですね。例えるなら金(GOLD)のような認識が非常に近いです。

そのために、ビットコインの購入や売却はすべてビットコイン取引所が請け負います。購入や売却は等価交換という流れになるわけです。

マウントゴックス事件とビットコイン

ビットコインは、2014年に起こったマウントゴックス事件で認識そのものが地に落ちた経緯があります。

この事件はビットコイン取引所であったマウントゴックスが管理していたビットコインが不正アクセスで盗まれて消失してしまい、CEOがデータを水増し改ざんして横領していた事実が発覚して逮捕された事件です。

この当時、日本ではまだビットコインに関する認識が薄かったこともあり、マウントゴックスがビットコインの発行主という捉えられ方に繋がり、ビットコインそのものが「訳の分からないお金もどき」という認識になってしまいました。

マウントゴックスはあくまでビットコイン取引所のひとつに過ぎません。

ビットコイン自体をマウントゴックスが発行していたわけではなく、交換取引をおこなう取引所だという事実がほとんど伝わらなかったのです。

つまり、ビットコインそのものにはなんの関係もない状態です。例えるなら銀行のひとつが不正経理で倒産したという状況です。

銀行が倒産した場合、その銀行に預金している顧客は甚大な被害を負いますが、それで世の中からすべての円がなくなるということはありませんね。ビットコイン自体がよくわからない時代だったのでここを多くの人が混同してしまったのです。

現在の取引所はセキュリティが万全で、日本に多数存在します。

ビットコイン取引所の役割

ビットコイン取引所は、その名の通りビットコインの売買をおこなう場所です。そもそもは一般の金融取引と同じで、売り主と買い主が取引をおこなう場所でした。

しかし、これが一般へのビットコイン普及を遅らせたのです。

元々一般金融取引のような流れだったので、売りたい人が売却希望価格を出して買いたい人が希望購入価格を提示して…といった素人からすると専門的な取引内容でややこしく時間がかかり、一部の人にしか理解できなかったのです。

そこで取引所が一定量のビットコインを保有して、現在の相場から取引定価をその都度設定し、買いたい人にすぐ売り、売りたい人からすぐ買い取るという仕組みが現在出来上がっています。

ユーザー同士で取引交渉せずとも、取引所から買ったり取引所に売るという流れが可能になったのです。

各取引所で専門的なカラーがあり、取引所ごとに用途を分けて使いこなせます。

おすすめビットコイン取引所ランキング

現在日本には10ほどのビットコイン取引所が存在していますが、特に使いやすくおすすめの取引所をランキング形式でご紹介します。

  • CoinCheck(コインチェック)

    日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

    ⇒ CoinCheck(コインチェック)はこちら

    ウォレット機能がついた銀行口座感覚の取引所

    コインチェックは取引所との売り買いのみに特化しており、今後普及するであろう飲食や買い物時の決済にも対応するウォレット機能など、普段の生活で活用できる非常に手軽なわかりやすさが魅力の取引所です。初めての方に最もおすすめできると言えるでしょう。

  • Zaif(ザイフ)

    ⇒ Zaif(ザイフ)はこちら

    ホリエモンが携わった増やせる取引所

    Zaifはビットコイン積立てやボーナスプログラムなど、ビットコインが増えやすい銀行の定期預金的な取り組みが際立つ取引所です。HYIP等で増えたビットコインを入れてここでも増やす口座的に使うのが効果的だと言えるでしょう。

  • bitflyer(ビットフライヤー)

    ⇒ bitflyer(ビットフライヤー)はこちら

    日本最大のビットコイン取引所

    ビットフライヤーは大企業から出資を受けて資金調達しており、強固な資本体制を持っています。提携企業サイトの利用でビットコインを得られるプログラムやビットコインでの商品通販など大手ならではの魅力的な取り組みが多彩です。

以上おすすめの取引所を紹介しましたが、ネット銀行口座のようなものだと理解していただければ結構です。銀行口座と同じでメイン口座を作って用途に応じて他の口座を使い分けるという使い方が理想です。

最初は混乱するので、ひとまずコインチェックからでいいと思います。

コインチェックの口座開設方法はこちら

登録方法は別の機会に詳しく解説したいと思いますので、ひとまずはビットコインを入手して保管する場所が取引所であり、おすすめがこの取引所だと覚えておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう